2013年03月30日

芸能プロダクションの営業部門


そして、芸能プロダクションでは、様々な仕組みがあることを知る必要があり、実際、苛烈な営業が行われています。
マネージャーとタレントがしっかりコミュニケーションをととることで、芸能プロダクションで、素晴らしいタレントが養成できるのです。
これらは全て芸能プロダクションにとって大切で、これらが上手く機能することで、タレントを立派に育てることができます。
その後、芸能プロダクションでは、その宣材を元にして、テレビやラジオ局に対して、営業活動を展開していきます。
また、小さな芸能プロダクションにおいても、製作、宣伝、営業というのは、非常に大切になってきます。
人気を元にして、芸能プロダクションでは、イベント営業や、テレビ番組出演の営業活動を実施していきます。

芸能プロダクションにおいては、仕事の第一は、まずは新人を発掘して契約することにあります。
そして、その後に、芸能プロダクションで、タレントをみっちり育成していくことになります。

芸能プロダクションでは、色々な仕事がありますが、もっとも重要なのは、やはり営業になります。
芸能プロダクションでは、プロフィールや写真などの宣材をしっかりと製作しながら、タレントを宣伝していきます。
また、芸能プロダクションでは、営業の一環として、取材の窓口や各種プロモーション活動を行っていきます。
基本的に芸能プロダクションでは、仕事が3つに分類されていて、それは、制作、宣伝、営業になり、これらは重要な業務になます。
そのために、芸能プロダクションでは、各テレビ局やイベント会社に対して、宣材を持って売り込みの営業を行います。
マネージャーがいる芸能プロダクションの制作セクションは、タレントの仕事に大きく関与してきます。
要するに、タレントが売れるか売れないかは芸能プロダクションの営業の売り込み如何にかかってきます。
怪しい芸能プロダクションの営業に枕営業があり、これは、仕事をもらうためにタレントが番組のプロデューサーなどと寝ることです
posted by ももたろ at 19:33| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

芸能プロダクションの設立

芸能プロダクションというのは、設立するのは簡単なことではなく、それにはやはり事務所での修業が必要になります。
そして、派遣業として芸能プロダクションを設立するのであれば、派遣業許可を届け出なければなりません。
個人で芸能プロダクションを設立する分にはいいのですが、法人でするなら、法人を設立しなければなりません。
最初、芸能プロダクションを設立する場合は、賃貸でするのが普通で、少なくとも自宅兼事務所のような形で節約するのが常識です。
登録については、芸能プロダクションの場合、業務の細かい内容にもよりますが、法人登記するなら法務局への届け出が必要です。
まず、芸能プロダクションを設立したら、飛び込みで企画をプレゼンしたりして、少しずつ仕事を拡げて行くしかありません。
HPなどを作るのは業者に任せるのが良いのですが、芸能プロダクションの設立で余裕がない場合は、自分でつくります。

芸能プロダクションを設立するのは甘くはなく、まずは事務所に勤めて、その動きを知ることが一番です。
マネージャーは、担当するタレントとほとんど一日一緒に過ごすことになるので、芸能プロダクションの設立のための勉強になります。
また、タレントの送り迎えをしたり、仕事の現場にも同行するので、芸能プロダクションの設立にあたり、色々と参考になります。
やはり、ある程度、マネージャーとしてしっかり勉強してから、芸能プロダクションを設立すべきです。
いずれにせよ、芸能プロダクションを設立する場合、コミュニケーション能力の高さが求められます。
芸能プロダクションで扱っている商品はタレントになるので、タレントが売れるように、必死になって育成しなければなりません。
要するに、色々な経験をしっかり積んでから、芸能プロダクションを設立しないと、失敗は目に見えています。
タレントマネージャー養成スクールなどでノウハウを習得して、芸能プロダクションに入るといいでしょう。
色んな方法を駆使してタレントを売り込まないといけないので、芸能プロダクションの設立は甘くありません
posted by ももたろ at 18:33| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

芸能プロダクションでアルバイト

芸能プロダクションは、最近では多様化していて、昔と比べてかなりその様相は変わってきました。
昔は、芸能プロダクションと言うと、タレントやアイドル、歌手だけのものでしたが、今では、アスリートやアナウンサーなども受け入れています。
多様化させることで、芸能プロダクションは、様々なテレビの希望に応えているというわけです。
芸能活動をする場合、特に芸能プロダクションに入る必要はありませんが、所属することで得られるメリットがあります。
例えば、芸能プロダクションに入るとマネージャーが着いてくれるので、安心して仕事をすることができます。
学生時代に芸能プロダクションのアルバイトしていた人の話によると、仕事はかなりハードで警備などが大変のようです。
いずれにせよ、芸能プロダクションのアルバイトは、業務内容はかなりきついので、割に合わない仕事と言えそうです。
実際、芸能プロダクションのスタッフアルバイトというのは、あるのはあるのですが、ほとんどが縁故紹介になります。
そして、芸能プロダクションのアルバイトをしたからといって、芸能人と話しができるということはありません。
仕事をバックアップしてくれ、芸能プロダクションに入っていれば、仕事の成果がでなくても給料制なら給料が支払われます。
また、プロフィールなどの作成もしてくれ、芸能プロダクションは、有名になるまで必要なお金は全て負担してくれます。

芸能プロダクションでアルバイトをするくらいなら、普通のアルバイトをしたほうがマシかもしれません。
コンサートのときに最前列にいるのは、ほとんどが芸能プロダクションのアルバイトのようです。
しかし、芸能プロダクションのアルバイトというのは、門戸が狭く、誰もがすぐにできるわけではありません。
一人スカウトすれば、芸能プロダクションのアルバイトは、歩合制になっていて1000円プラスされるようになっています。
しかも、その時の芸能プロダクションのアルバイトは、時給800円ほどで、決してよくなかったようです
posted by ももたろ at 18:46| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。